(2022/2/25)
七宝のかぜ(三豊市の歌)
故郷を空から見てみよ
   
「瀬戸内の半島の宿」
2020年1月8日 OPEN

場所:詫間町大浜 

設計施工:金丸工務店
(豊中町本山)
 
   
 観一34回卒FaceBook  
 観一高34会 第4回同窓会  
   
第15回なかよし倶楽部
(昭和46年・22回卒同窓会)

2019年1月26日 in 京都
写真集@写真集A
写真集B写真集C
   
 仁尾「父母が浜」新聞記事  
三豊市市歌 (七宝のかぜ)
@歌詞 A歌唱Ver
 
   
 観音寺市新庁舎
(H27年5月7日開庁)
 
観音寺市 旅ぶら
(2014年6月22日YTV)
 
   
 三豊市浦島太郎伝説_改版  
   
2013枚方「菊花展」写真
12回卒藤川幸子さん
   
なかよし倶楽部
チャリティーライブ
(H29/05/05)
1 2、 3
4、 5、 
6、 
 
   
観一高22回卒同窓会
@ 記念写真、(H29/01/02)
A 写 真 集 (H29/01/02)
 
 
 第13回なかよし倶楽部
@ 記念写真
(H28/09/24)
A動 画
(H28/09/24)
 
第12回なかよし倶楽部
@
記念撮影(H27/11/28
A
姫路・湯郷・関谷学校
・吉備津神社

第10回なかよし倶楽部
in 岸和田(2013/9/14)
@記念写真
Aだんじり&お城見学
B五風荘懇親会
Cアサヒビール吹田工場見学


現校舎お別れ見学会

平成25年1月2日於:母校 
観一高22回卒同窓会
平成25年1月2日於琴弾荘
22回なかよし倶楽部in倉敷

 
観一高第7回卒同窓会
(平成24年4月1日於琴弾荘) 
 
観一高7回卒私たちの時代

 
観一高3回卒・防衛大1期生
前川清氏_NHK2008/12/5
前川清氏_NHK2010/11/25
ファイル大、ダウンローには数分要
観一高11回卒喜寿同窓会
卒業57年目の同窓会
2017年1月22日
 
@_同窓会プログラム   
A_同窓会記録動画   
B_同窓会記録映像  
C_卒業アルバム_   
D _観一高新校舎  
E_記念撮影写真   
   
観一高11回 卒業50周年記念同窓会報告
テーブルごとの記念撮影
@観一11回卒同窓会記録
A観一11回卒_album_Video
  1)韓国一人旅 PDF
  2)中国一人旅 1 PDF
  3)中国一人旅 2 PDF
---------------------
観一36会第1回雅楽多展
写真集PDF
---------------------


1)この頁は主に観音寺市や三豊市などの故郷の情報を掲載して頂くページです。皆さんからの投稿を期待しています。記事や写真などテーマはご自由です。ただし、不適切な投稿や公序良俗に反する投稿は削除致します。
2)記事はなるべく400字以内、写真は4枚まで一度に送信可能です。ただし写真は合計400KB以内です。画像条件:JPG,GIF,PNG
3)投稿者は投稿後も投稿内容の修正、削除が出来ます。
4)管理者への連絡は画面の右上にあるE-Mailか又は「お問い合わせ」ページから連絡下さい
5)最近、不適切な書き込みが頻発しているので、やむなくパスワード付きの投稿に変更しました。投稿希望者は事前に、右上にあるE-Mail又は「お問い合わせ」ページから照会して下さい。 (2018年8月30日)
投稿
 明るい社会をめざし、中学生が熱弁  三豊市情報  2024年6月12日(水) 14:32
[修正]
6月5日、第75回三豊地区中学校「社会を明るくする運動」弁論大会が開催されました。大会には、市内中学校7校の代表生徒たちが参加し、社会を明るくするために中学生なりの考えを熱弁しました。

今年の最優秀賞に選ばれたのは、仁尾中学校3年の前田芙来(ふく)さんで「私を変えてくれた”魔法の言葉”」をテーマに自分自身と戦うことの大切さを語りました。きっかけは、勉強や運動などさまざまな分野で他人と比べてしまうことが多く、徐々に諦めたり、挑戦しなくなったりしたことが原因で負の連鎖が起きてしまったことだそうです。ある時、自分をコントロールして邪念に勝つという意味の言葉「克己(こっき)」に出会いました。それをきっかけに他人と戦う前に自分と戦う、比較は現在と過去の自分とすると改め、自分の弱点に目を向け始め、成績などの成長につなげました。
前田さんに最優秀賞を取った感想を聞くと、「自分の伝えたいことがしかりと伝わるように感情を込めてスピーチをしました。県大会でも緊張せず、思いを伝えられるように頑張ります」と意気込みを話してくれました。
前田さんは、7月8日に行われる、第75回香川県中学校生徒弁論大会に出場します。頑張ってきてください!
( コピー検索)
 https://www.city.mitoyo.lg.jp/hotnews_old/hot06/hot2406/12912.html

 広報みとよ 令和6年6月号  三豊市情報  2024年5月31日(金) 18:18
[修正]
  三豊市の暮らしの情報が満載。
「広報みとよ」令和6年6月号が出来上がり、ふるさとの暮らしの情報が見られます。
 (今月の見どころ)
 『特集 いつ起きてもおかしくない
       南海トラフ大地震に備えて』  
「南海トラフ大地震」は、今後30年以内の発生確率が70〜80%とされています。危険性を知り、情報を入手するとともに、改めて防災意識を高め、災害に備えましょう。
  (コピー検索)
https://www.city.mitoyo.lg.jp/kakuka/soumu/hisho/10/2024_1/12862.html

  広報かんおんじ 令和6年6月号  観音寺市情報  2024年5月28日(火) 15:52
[修正]
  観音寺市の暮らしの情報が満載。
「広報かんおんじ」令和6年6月号が出来上がり、ふるさとの暮らしの情報が見られます。
  (コピー検索)
 https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/koho/55850.html

 三豊市産品を首都圏へPR  三豊市情報  2024年5月22日(水) 11:47
[修正]
 「よい仕事おこしフェア実行委員会」事務局の城南信用金庫、協賛の観音寺信用金庫と、地域の活性化と産業の振興に関する包括連携協定を締結しました。
 「よい仕事おこしフェア」では、平成24年から全国の信用金庫や自治体、マスコミ、大学、民間企業などが協力し、地域の経済活性化をめざすため、新たなネットワークを築く商談会などを行っています。
 今回の協定では、農事組合法人高瀬茶業組合が生産する高麗人参スプラウトを原料としたクラフトビールの醸造を行い、三豊市の魅力を首都圏へPRします。このクラフトビールは、株式会社大鵬(たいほう)が運営する「羽田スカイブルーイング」で、330mlを500本醸造される予定です。1本の売り上げにつき100円が三豊市に寄付されます。
  (コピー検索)
 https://www.city.mitoyo.lg.jp/hotnews_old/hot06/hot2405/12801.html

 柞田小学校合唱部、ウィーン少年合唱団と共演  観音寺市情報  2024年5月16日(木) 12:44
[修正]
 昨年創立525年を迎え、ユネスコ無形文化遺産にも登録されているウィーン少年合唱団が、5月7日にハイスタッフホール大ホールで公演し、約900人を天使の歌声で魅了しました。同合唱団シューベルト組は、4月から6月にかけて全国でコンサートを開催しており、香川県内では唯一、観音寺市で公演しています。
コンサートでは、シュトラウス2世『美しく青きドナウ』や滝廉太郎『花』など、和洋の曲目を披露。鈴の音のような澄み切った歌声をホール一杯に響かせました。また、曲の紹介はメンバーが日本語で行い、歌唱中の堂々とした姿とは違う素朴で愛らしい様子に、会場から温かい拍手が沸き起こりました。
アンコールではサプライズ企画として、柞田小学校合唱部24人が登場し、唱歌『ふるさと』を共に合唱しました。柞田小学校合唱部は、昨年も全日本合唱コンクールに四国支部代表として出場、これまでも全国大会に数多く出場しています。共演に向けて、昼休みや放課後などに練習を重ねてきました。地元小学生の伸びやかな歌声に、観客は身を乗り出して聞き入り、大きな拍手を送っていました。
  合唱部部長の菊池彩音さんは、「緊張しましたが、会場がとても盛り上がってうれしかった。これからも練習を続け、私たちもウィーン少年合唱団のようにきれいな響きを作っていきたい」と話していました。
(コピー検索)
 https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/topics/55806.html

 「つつじの駅」豊浜駅に彩りとにぎわい  観音寺市情報  2024年5月15日(水) 16:08
[修正]
  4月28日、約250株のつつじが咲き誇るJR豊浜駅の駅前広場で豊浜駅つつじ祭りが開催。餅つき大会やうどんの販売、フリーマーケットなどが行われ、家族連れらでにぎわいました。

 訪れた人は「つつじの赤やピンクの色合いがとてもすてき。去年は来られなかったが、ことしはタイミング良く来ることができてうれしい」と話し、通過する電車とつつじを写真に収めようとカメラを構えたり、家族で撮影したりして楽しんでいました。
 (コピー検索)
 https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/topics/55694.html

 圧巻!勇ましい武者人形など一堂に展示  観音寺市情報  2024年5月15日(水) 15:59
[修正]
  4月26日からふるさと学芸館では、子どもたちの成長を願った「端午の節句」に由来する飾りを展示しています。同館で保管している人形137体や張り子の虎34点、お供え物の三宝、前飾りの軍扇や陣太鼓の三品など。また、等身大の甲冑飾りや御殿飾りなどがずらりと並べられています。
 眞鍋館長は「家族の願いは昔も今も同じ。昔ながらの武者飾りなどを見る機会が減ってきているので、日本文化の伝統を感じながら楽しんでほしい」と話していました。
 また運動場には、35匹のこいのぼりが悠々と泳いでいます。「端午の節句」展は、6月2日まで。ぜひ、ご来館ください。
  (コピー検索)
 https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/topics/55747.html 

 巨大砂絵がみんなの力でくっきりと  観音寺市情報  2024年5月15日(水) 15:53
[修正]
 市のシンボルである銭形砂絵「寛永通宝」の文字の形を整える「砂ざらえ」が行われ、ボランティアの市民や観光客など400人以上が参加しました。
 展望台から指示を受けながらスコップで砂をかき上げたり、トンボでならしたりして、砂絵の輪郭が見る見るうちにくっきりと浮かび上がり、美しく整えられた「寛永通宝」が姿を現しました。
 参加者は「砂絵がきれいに見えるよう作業にも工夫があり、いい体験になった。また参加したい」と話していました。
 琴弾公園内では、砂ざらえに併せてお茶会が行われていました。
 作業後、参加者は抹茶を堪能したり、展望台から寛永通宝を眺め「あの辺りをきれいにしたよ」と話したりと、思い思いに過ごしていました。
 (コピー検索)
 https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/topics/55709.html

次ページ >>過去ログ
▲ページトップへ
トップページ / 支部活動 / お知らせ / 写真集 / 同窓会誌 / リンク集 / お問い合わせ /掲示板/ 故郷情報/更新情報