(2022/2/25)
七宝のかぜ(三豊市の歌)
故郷を空から見てみよ
   
「瀬戸内の半島の宿」
2020年1月8日 OPEN

場所:詫間町大浜 

設計施工:金丸工務店
(豊中町本山)
 
   
 観一34回卒FaceBook  
 観一高34会 第4回同窓会  
   
第15回なかよし倶楽部
(昭和46年・22回卒同窓会)

2019年1月26日 in 京都
写真集@写真集A
写真集B写真集C
   
 仁尾「父母が浜」新聞記事  
三豊市市歌 (七宝のかぜ)
@歌詞 A歌唱Ver
 
   
 観音寺市新庁舎
(H27年5月7日開庁)
 
観音寺市 旅ぶら
(2014年6月22日YTV)
 
   
 三豊市浦島太郎伝説_改版  
   
2013枚方「菊花展」写真
12回卒藤川幸子さん
   
なかよし倶楽部
チャリティーライブ
(H29/05/05)
1 2、 3
4、 5、 
6、 
 
   
観一高22回卒同窓会
@ 記念写真、(H29/01/02)
A 写 真 集 (H29/01/02)
 
 
 第13回なかよし倶楽部
@ 記念写真
(H28/09/24)
A動 画
(H28/09/24)
 
第12回なかよし倶楽部
@
記念撮影(H27/11/28
A
姫路・湯郷・関谷学校
・吉備津神社

第10回なかよし倶楽部
in 岸和田(2013/9/14)
@記念写真
Aだんじり&お城見学
B五風荘懇親会
Cアサヒビール吹田工場見学


現校舎お別れ見学会

平成25年1月2日於:母校 
観一高22回卒同窓会
平成25年1月2日於琴弾荘
22回なかよし倶楽部in倉敷

 
観一高第7回卒同窓会
(平成24年4月1日於琴弾荘) 
 
観一高7回卒私たちの時代

 
観一高3回卒・防衛大1期生
前川清氏_NHK2008/12/5
前川清氏_NHK2010/11/25
ファイル大、ダウンローには数分要
観一高11回卒喜寿同窓会
卒業57年目の同窓会
2017年1月22日
 
@_同窓会プログラム   
A_同窓会記録動画   
B_同窓会記録映像  
C_卒業アルバム_   
D _観一高新校舎  
E_記念撮影写真   
   
観一高11回 卒業50周年記念同窓会報告
テーブルごとの記念撮影
@観一11回卒同窓会記録
A観一11回卒_album_Video
  1)韓国一人旅 PDF
  2)中国一人旅 1 PDF
  3)中国一人旅 2 PDF
---------------------
観一36会第1回雅楽多展
写真集PDF
---------------------


1)この頁は主に観音寺市や三豊市などの故郷の情報を掲載して頂くページです。皆さんからの投稿を期待しています。記事や写真などテーマはご自由です。ただし、不適切な投稿や公序良俗に反する投稿は削除致します。
2)記事はなるべく400字以内、写真は4枚まで一度に送信可能です。ただし写真は合計400KB以内です。画像条件:JPG,GIF,PNG
3)投稿者は投稿後も投稿内容の修正、削除が出来ます。
4)管理者への連絡は画面の右上にあるE-Mailか又は「お問い合わせ」ページから連絡下さい
5)最近、不適切な書き込みが頻発しているので、やむなくパスワード付きの投稿に変更しました。投稿希望者は事前に、右上にあるE-Mail又は「お問い合わせ」ページから照会して下さい。 (2018年8月30日)
投稿
 有明浜にティラノサウルス120体が大集合!  観音寺市情報  2022年11月15日(火) 21:30
[修正]
  恐竜の着ぐるみを着用して疾走する「ティラノサウルスレース」が、四国で初めて有明浜で開催され、県内外の子どもから大人まで約120人が参加しました。今回のイベントは、病気と闘う子どもとその家族を励ましたいという目的で開催され、長期入院を経験している4家族が特別招待枠で参加しています。青い空の下、カラフルな恐竜たちが砂浜を全力で駆け抜ける様子に、観客から笑い声と拍手が起こっていました。 
「成獣男子の部」で優勝した、愛媛県西条市で消防士をしている20代の男性は、「四国初の開催と知り、初めて参加しました。2カ月くらい地元の砂浜で着ぐるみを着て練習を積んできた成果が出ました。有明浜は走りやすく、海がとても綺麗です」と話していました

 新しい産業や観光名所を創出するために  三豊市情報  2022年11月7日(月) 20:22
[修正]
10月19〜25日、粟島周辺の海辺で、都市型自動運転船「海床(うみどこ)ロボット」を活用する実証実験が行われました。この実証は、海床ロボットコンソーシアム(※)が、国土交通省の「海の次世代モビリティの利活用に関する実証事業」の補助を受け実施するもので、地元観光資源による新しい産業や観光名所の創出の可能性の検証を目的としています。
海床ロボットは、3m×3mの水上に浮かぶ床が自動で動かせられる都市型自動運転船です。ドローンのように四方に動ける制御システムで船舶免許が必要ないため、さまざまな水辺で利用が可能です。
 期間中には、島民やル・ポール粟島の利用者、地元関係者などが、海床ロボットに乗ってアート作品とレストランを楽しめる「アート&レストランロボット」を体験しました。
 この日粟島に観光で訪れ、海床ロボットを体験した男性は「船とは違って走行中も静かでゆっくりできる。今後さまざまな場所で流行っていきそう」と話してくれました。
 ※海床ロボットコンソーシアム・・・株式会社竹中工務店を代表法人とする、8つの法人や団体から成る共同プロジェクト
 (コピー検索)
 https://www.city.mitoyo.lg.jp/hotnews_old/reiwa4/202210hot_1/10551.html

 待ち望んだ秋祭り開催!  三豊市情報  2022年11月7日(月) 20:14
[修正]
10月15日、山本町で2つの祭りが行われにぎわいました。山本ふれあい公園では、第18回みとよやまもと爽郷祭りが3年ぶりに開催され、迫力満載のよさこい踊りや和太鼓演奏などのパフォーマンスで盛り上がりました。会場内には地元の団体による出店も並び、600人程の人たちが秋晴れの中、祭りを楽しみました。事務局の堀川 博資(ほりかわ ひろし)さんは、「天気も良く、お客さんもたくさん来てくれてありがたいです」と話していました。さらに今年は初めて約800発の花火を打ち上げた他、音楽祭「Mのまつり」ともコラボした「弾き語りコンテスト」も行われました。
MのまつりはMusic(ミュージック)でMitoyo(三豊)でMinna(みんな)で盛り上がろう!を目的とした音楽祭で、10回目の今年は山本町農村環境改善センターで開催されました。全国から7組が集まり、三豊の夜をロックで盛り上げました。

 手しごと市in本山寺を初開催!  三豊市情報  2022年11月7日(月) 20:03
[修正]
10月23日、本山寺で手しごと市in本山寺が開催されました。これは過去に行われていた同様のイベントである「ひだまり市」を引き継ぎ、初めて開催されたものです。会場には三観地区の飲食店やハンドメイドショップなど、多種多様な事業者31店舗が集まりました。
この実行委員で自家栽培の多肉植物を販売するswan(スワン)の宮本さんは、「コロナ禍で自由に楽しめない時期が続いていたけど、このイベントを通して地元の方に楽しんでもらえたら嬉しいです」と話してくれました。
同じく実行委員でハンドメイド雑貨を販売するORIHIME(おりひめ)の米谷さんは「今回は初めての開催でしたが、今後も毎年続けていけたらと思います」とこれからの抱負を話してくれました。
今後も三観地区の事業者たちと協力して、イベントを行っていくそうです。

 広報みとよ 令和4年11月号  三豊市情報  2022年10月29日(土) 20:20
[修正]
 三豊市の暮らしの情報が満載。
「広報みとよ」令和4年11月号が出来上がり、ふるさとの暮らしの情報が見られます。
 (今月の見どころ)
  『100年、生き抜いた証』
 9月の敬老の日にあわせて、山下市長が100歳以上の皆さんを訪問しました。今年で数え100歳を迎えるご長寿の皆さんを広報みとよでも紹介します。元気の秘訣などをインタビューしました                         (コピー検索)
 https://www.city.mitoyo.lg.jp/kakuka/soumu/hisho/10/2022/10558.html

  広報かんおんじ 令和4年11月号  観音寺市情報  2022年10月29日(土) 20:13
[修正]
  観音寺市の暮らしの情報が満載。
「広報かんおんじ」令和4年11月号が出来上がり、ふるさとの暮らしの情報が見られます。
  (コピー検索)
   https://www.city.kanonji.kagawa.jp/site/koho/36825.html

 今年も五穀豊穣を祈願しどぶろく奉納  三豊市情報  2022年10月21日(金) 17:05
[修正]
10月13日、豊中町の宇賀神社で、毎年御神酒として醸造されている「どぶろく」の口開け式が行われました。「どぶろく」は、発酵させただけの粕をこし取らない日本酒で、全国でも醸造を行っている神社は少なく、四国では宇賀神社だけになります。
拝殿では、氏子や総代など20人程で、神前へ口開けしたどぶろくが供えられました。
その後、式の参列者で御神酒をいただく直会(なおらい)が行われ、できたばかりのどぶろくを味わいました。味わった皆さんは「味がしっかりしている」「今年の出来も良く、深みがある」など感想を述べていました。

 瀬戸内国際芸術祭秋会期が開幕!  三豊市情報  2022年10月20日(木) 22:36
[修正]
 10月1日、瀬戸内国際芸術祭2022秋会期が9月29日から開幕し、それに合わせて粟島海洋記念公園で開幕記念セレモニーが行われました。この日は、開幕後最初の休日ということもあり、市内外から多くの人が来場し、瀬戸内国際芸術祭秋会期の開幕を祝いました。

開幕記念セレモニーには、大野 敬太郎衆議院議員をはじめ多くの来賓の皆さんに列席いただき、開幕を祝いテープカットが行われました。セレモニーに参加した山下市長は「季節の移ろいの中で開催できることを嬉しく思います。3年ぶりの開催となるが、島民の皆さんが芸術家と楽しみながら瀬戸芸に取り組んでくれていることがなによりです。多くの方々がこの地を訪れてくれると思うが、ぜひ楽しんでいただきたい」と祝いの言葉が述べました。

芸術家、島民、ボランティアの皆さんが長い時間をかけて準備をしてきた瀬戸芸粟島会場は、見どころ満載です。11月6日(日曜日)まで開催しているので、ぜひ足を運んでみてください。

次ページ >>過去ログ
▲ページトップへ
トップページ / 支部活動 / お知らせ / 写真集 / 同窓会誌 / リンク集 / お問い合わせ /掲示板/ 故郷情報/更新情報